北海道のオペラを育み、北海道をオペラで育む、NPO法人 札幌室内歌劇場 寄付と会費の窓口
 
 

オペラ「フィデリオ」」(日本語上演)

◇日時◇ 2021/2/6(土),2/7(日) 公演15時、特別上映会18時開演
◇会場◇ 札幌サンプラザコンサ-トホ-ル
 

札幌室内歌劇場サンプラザオペラ

「フィデリオ」(日本語上演)
訳詞・編曲:岩河智子、演出:中津邦仁


 

・日時:【公演】        2021年2月6日(土)15時、7日(日)15時、
     【特別上映会】 2021年2月7日(日)18時 ★
・会場:札幌サンプラザコンサ-トホ-ル
・料金(全指定) 一般:5,500円、支持会:4,500円、学生:4,000円、支持会学生: 3,500円、★ライブ:3,000円、★特別上映会:1,000円
・主催:NPO法人札幌室内歌劇場 Tel:011-211-0471、Fax:011-211-0472、
office_pos@opera.or.jp

※支持会員の方で時計台招待券をお持ちの方は、1,000円券としてご利用いただけます。
※べ-ト-ヴェン唯一のオペラ。北海道初演です!

※★7日「特別上映会」前日6日の公演録画を舞台で上演します。監督や出演者のアフタ‐ト-クを交えた特別な企画です。

 

<出演>
語り      石鍋多加史
レオノ-レ   松田久美
フロレスタン  田中誠(客演)
マルツェリ-ネ 五十嵐麻美
ロッコ     則竹正人
ヤキ-ノ    安田哲平
ピツァロ    中原聡章
囚われた者たち 萩原のり子、田中千絵子、倉本真理、遊佐悦子、石田まり子
子どもたち   窪田晶子、田中なゆた、他


<室内楽>   
指揮:時岡牧子
ピアノ:土屋益子
チェロ:藤田淳子
キ-ボ-ド:岩井沙織、他

 

<フィデリオあらすじ>
2月の公演は、岩河智子が独自に翻案し、物語に新しい意味を見出します。ここではスト-リ-の概要を紹介いたします。

第1幕
セヴィリャ郊外の刑務所。所長ピツァロは、敵対するフロレスタンを地下牢に不当に幽閉した。
フロレスタンの妻レオノ-レは男装し「フィデリオ」と名乗り、夫を救い出すため看守ロッコの下で働く。
ロッコの娘マルツリ-ネは、許婚ヤキ-ノを差し置いてフィデリオとの結婚を望む。
父親のロッコは未来の婿を信用し、地下牢に同行することを認める。
一方、ピツァロはいよいよフロレスタンを殺害する決心をする。

第2幕
フィデリオは、地下牢で夫と再会する。そして、ピツァロが地下牢に現れ、フロレスタンを刺し殺そうとしたとき、フィデリオはフロレスタンの妻レオノ-レだと名乗り出、夫を守る。
次の瞬間、トランペットが鳴り響き囚われた者たちの解放が告げられる。
レオノ-レはフロレスタンと共に地上に戻り、祝福を受ける。

 

 
 
 
---
 
Copyright (C) 2012 SAPPORO SHITUNAI KAGEKIJO